×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

山下勢山系の特徴について@

ページを作成以来、多くの方々からご質問をいただきました、山下勢山系の特徴について、ご説明いたします

 山下勢山系は、故山下鉄夫氏が、故細川英次郎氏から導入された細川勢山系を、独自の戻し交配と異血交配、そして厳しい淘汰を繰り返し、山下氏が理想とされた形質と能力に改良された血統です。
 いわゆる純血閉鎖交配による血統保存とは違いますので、勢山系の血は色濃く引いており、良い特徴は受け継いでいますが、性能的には近代レースに対応出来る、昔の勢山系とは別とも言える血統です。あくまで、レースでの成績と、見た目を重視されて改良をされました。

 羽色は灰が基本です。山下勢山は、細川英二郎氏の細川勢山系の800149号(郵政大臣
杯600K西日本総合優勝)の直仔である勢山S3号という♀鳩を源鳩とし、イギリスのアンダーソン系(ドーバー海峡を渡ってバルセロナから帰る超長距離系統)をかけて作ったのが、代表鳩のブライトスター号(よみうりランド600キロ全国優勝)です。


(茨木エンゼルロフト血統書より転載)


(茨木エンゼルロフト血統書より転載)

勢山は灰というイメージが強いのは、細川氏が、土鳩とレース鳩で実際に活躍したレース鳩の羽色を統計処理したところ、土鳩では胡麻の割合が高く、優秀なレース鳩では灰が多いという結果に基づき、羽色を灰に固定するように志向された結果に基づくものです。
 アンダーソンは、栗やシルバーが多い血統ですが、ブライトスターを作出するにあたっては、一度勢山系とかけて、灰の♀鳩を作ってからS3号の仔とかけ合わせています。あくまで灰にこだわった結果です。
 山下氏の飼育系統に、シオンがいました。キングオブフランス号の近親で、これも栗が多い血統ですが、山下氏はこれも灰色に変える努力を続けられました。私のプロミス号の筋にもシオンが入っています。もともとは、スピードに溢れた血統ですが、山下氏のシオンは、オペルやゴードンのような遅いが必ず帰ってくる鳥となっていました。シオンの鳥は意外に多く飼育しておられましたが、栗色の鳥は一羽もいませんでした。稚内キング、稚内2号など、1300kレースでの山下氏の成功は、シオン系によるものです。

戻る